今回は、日頃、表に出ない文字通り、作品の裏側のお話です。

たとえば、うちの窯の定番の作品、ねじ梅の菓子皿。

裏返すと、「総釉(そうぐすり)」といって、裏面にも全体に釉薬がかかっています。

一般のお湯飲みやご飯茶わんなどのほとんどは、底の部分を見ると、食卓に当たる部分だけがざらざらしていて、釉薬がかかっていないのが判ります。

これは焼成の時、釉薬が流れて窯の板に焼き付いてしまうのを防ぐために、あらかじめ接地面の釉薬を少し拭い落として焼いたためです。

一方、吉向松月窯の作品の多くには、裏面にこのざらざらした部分がありません。

その代わり、裏面をよく見ると、ほんのわずかな釉薬の脱落した部分が、3点あることにお気づきになるでしょう。

これを「めあと」といい、作品のキズではなく吉向松月窯の作品の特徴の一つでもあります。

「総釉」のかかった作品を焼成するときには三つ又型に爪を立てた形の「め」という素焼きの台を使います。(うちでは「めぇ」と語尾上げに発音しています。)

この台の上に、釉がけした作品をのせて、窯にいれます。

「めあと」は、このとき、「め」の当たっていた部分で、焼き上がりの具合により、ほんの少し、釉薬のはがれた部分が出来ます。

この部分を最後の検品の段階で、やすりやグラインダーでなめらかにけずって目立たなくしてあります。(この作業を「目をとる」と言っています。)

              

「め」を使って底面まで、釉薬をもれなく掛けた器は、全体になめらかで、たとえば塗りのお盆の上に置いてもキズをつけにくいという特徴があります。

ほんのわずかなことですが、手触りよく、使いよい、そして美しい器であるための伝統の技術の一つです。

本焼きのたびに、使用する「め」

これは一度に窯に入れる作品の数だけ必要になります。

また、作品の形や大きさによって、その形状や大きさの違う物が何種類か使われています。

お皿など平たい面を支えるための爪状の物や、お茶わんの高台などを支えるためのプロペラ状の物があります。

「め」は何度も再使用しますが、何度か使ううちに接触面の鋭さがなくなってくるので、その都度、グラインダーなどで削りなおして使います。

ところで、この「め」をこしらえるのは、窯の仕事を始めたばかりの新人の職人さんのお仕事でもあります。

ヒモづくりで、均等な角度に開いた三つ又を作るのは、子どもにも出来そうな単純な仕事ですが、最初に土に親しみ、その質感や造作の基本を身につけるためには恰好の作業です。また、焼成のたびに欠けたり、摩耗したりする「め」は、均一な物をいくつもこしらえる職人さんの仕事の第一歩として適当な物なのかも知れません。

中には要領のいい職人さんもいて、「め」作り用に石膏型を作り、本当に均一な物を大量生産する事を思いついた人もおりました。

これも職人さんの「要領」と言うものでしょうか。